×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

20円?激安DVD-R 気軽にバックアップ
DVDのバックアップ DVEで誰でもダビング

楽天で探す
楽天市場

不動産購入の諸費用
不動産購入の諸費用に関するヒント
不動産購入の諸費用
投資用不動産は土地と建物から成り立っております。一般的に物件価格は土地建物および建物の消費税を含んだ価格です。(土地には消費税が課せられませんが、建物には5%の消費税が課されます) 建物は今後、不動産投資をする上で、減価償却の対象(税務上、経費として認められる)となりますので、物件価格のうち建物の価格がどれくらいなのか、併せて確認するのが望ましいでしょう。 また、不動産を購入する際、物件価格以外に以下のような諸経費がかかりますので、気になる物件があったら、紹介元の不動産会社に、おおよその諸経費を見積もってもらいましょう。 項 目 内 訳 物件価格 物件本体価格プラス建物消費税 仲介手数料 物件本体価格の3.15%+63000円(上限) 登録免許税(所有権移転) 土地:固定資産税評価額×1% 建物:固定資産税評価額×2%(平成18年4月1日以降) 不動産取得税 土地:固定資産税評価額×1/2×3% 建物:固定資産税評価額×3.5% (住宅以外の建物:平成18年4月1日以降2年間) 印紙税 契約書記載の売買金額によって異なる 司法書士報酬 登記の内容により異なる このように、不動産投資には物件価格以外に多くの諸経費が発生します。不動産取得税や登録免許税は「固定資産税評価額」をベースに算出されますので、物件の固定資産税評価額が分かれば自分でも概ねの税額を算出することが可能です。 ただし、住宅用の物件などは、軽減措置がある場合もありますので注意が必要です。 また不動産の仲介手数料は、その物件を紹介した不動産会社の取引態様が「媒介」(仲介)の場合に発生しますが「売主」や「代理」の場合は手数料が発生しませんのでチェックしてみましょう。
不動産購入の諸費用トップへ
今一番売れてる人気の不動産購入の諸費用は?
買うとき、売るとき不動産購入の諸費用はと大きな金額がかかります あらためて 不動産購入の諸費用 きちんと把握すれば収益力もアップ
「不動産購入の諸費用」の考えを応用
当『不動産購入の諸費用』の探求と実行からコスト削減と利益を獲得、 不動産の利回り48%の物件等で収益不動産10戸所有。副業でサラリーマン大家の奮闘をサラリーマン大家への道副業に必須のブログで書いています。 ブログは儲けの道具になります
不動産購入の諸費用トップへ
当「不動産購入の諸費用」に広告を掲載しませんか?
当「不動産購入の諸費用」に広告を掲載しませんか? 詳細は、広告掲載のお誘いをご覧下さい。 メールでのお問い合わせ
検索上位表示で大儲けも見る
不動産購入の諸費用トップへ
「不動産購入の諸費用」の私について
転職1回経験、実年収が400万円台の会社員。嫁と子供と亀と暮らしています。 親も親戚も普通のサラリーマンで、資本的、人間的な後ろ盾も無く、 家族の生活と自分の夢への道程は全て自力で切り開かねばなりません。 年金退職金、職場の保証も無い中、一人で考え実践した未熟な方法です。 あなたのアドバイスをお待ちしています。 取材質問も喜んでお受けします
不動産購入の諸費用トップへ/ 不動産購入の諸費用を携帯でも

不動産購入の諸費用への リンクはご自由にどうぞ
確認・報告は不要です
広告
広告掲載のお誘い
不動産購入の諸費用から御社のHPへ集客するリンク広告を掲載しませんか?
検索上位表示で大儲け
不動産購入の諸費用を見つけた手段は検索では? 商売の基本は集客。 検索上位表示で集客し大儲けを